1K/1LDKの単身引越しならオンライン完結のラクニコス
0120-72-7979
SPメニュー
1K・1LDK単身引越し専門ラクニコス Powered by アップル引越センター
1K・1LDK単身引越し専門のラクニコス引越し情報コラムトップ1K・1LDKの引越しのコツ

引越しするための最短日数とは?今すぐ引越したい時に必要なポイントを解説

2019.05.23

Facebookでシェア
Twitterでシェア

このページの目次

引越しに最低限必要な日数は?

引越しのゴール地点

引越しをする場合、できるだけ余裕を持って事前に準備を整えるのが理想です。
しかし、急な転勤や進学など、さまざまな事情から今すぐに引越したいという場面に出くわすこともあります。
通常の引越しであれば、新居へ入居しライフラインを開通させ、関連する手続きがすべて終了した時点で引越しの完了とすることが大半です。しかし、急な引越しの場合、金融機関や通信販売の登録住所の変更は、後回しでも問題ありません。
とにかく早く新住所に生活の拠点を移すことを目標に、順を追って必要な手続きについて紹介します。

条件が揃えば即日引越しも可能

旧居の解約を含めたさまざまな手続きを後回しにすることで、とりあえず生活の拠点を移すという目的を達成できます。
そのため、新居さえ用意されていれば、即日対応の引越し業者か、自分でレンタカーを借りて家財を運ぶことで、1日で引越しが可能です。引越しの具体的な最短日数は、新居を探し始めてから入居日までの日数になります。
そのため、最短で引越す場合は、今すぐ入居できる物件を探すことが一番大変なポイントになるでしょう。 即日に引越しをしなければならないという状況は、なかなか頻出することではありませんが、「親の都合で急遽実家に戻らなければならなくなった(新居を探す必要がない)」、「引っ越し先は決めていたが、準備に手を付けられないまま引っ越し日が来てしまった」など、緊急の事態や不足の事態が起こることも考えられます。
そんな時のために、「即日対応可能」な引越し業者の存在を知っておいても損はないでしょう。

最短で引越すための手順

新居の手配

できるだけ早く引越すためには、新居の決定が何よりも重要です。
転勤などで社宅が用意されている場合は問題ありませんが、新たに賃貸契約する場合はできるだけ急がなくてはなりません。
電話やインターネットを活用して、まずは不動産仲介会社や管理会社にできるだけ早く入居できる物件がないか相談してみましょう。
内覧に行く時間がないのであれば、メールやFAXで詳細情報や間取り図を取り寄せて契約することも可能な場合もあるようです。
即入居できる物件であっても、入居審査に数日かかることがあるので、まずは新居の手配から始めることをおすすめします。

旧居の解約手続き

本来旧居の解約手続きは、最初にすべきことです。
契約内容によりますが、通常は契約期間内の解約には解約予告期間が定められていて、1ヶ月前に申し出るか違約金を支払うといった取り決めがあります。まずは賃貸契約書に記載されている解約の条件を確認してください。そして、管理会社に相談して事情を話し、もっとも円満に解約できる方法を相談するとよいでしょう。
また、退去時には借主立会いのもとでの現況確認が必須です。
管理会社や貸主の都合によっては即日対応が難しいので、早めに退去日を決定します。
違約金を支払うのを躊躇するのであれば、契約で定められている日数、たとえば1ヶ月後の日付を指定して解約の連絡だけをしておくこともおすすめです。最短の引越しを目指すのであれば、後回しにすることもできます。

水道、電気、ガスなどの解約と新規申込

基本的には、1週間前までに解約を申込むことが望ましい手続きですが、遅くとも2、3日前には連絡しなければなりません。
また、使用停止に立会いが必要になる場合もあります。
こちらも旧居の解約と同時に進めればよいので、後回しにして新居探しを優先することができます。

引越し業者の手配

新居の住所と入居可能日が確定したら、すぐに手配を始めましょう。
通常の引越しであれば、一括見積もりサイトなどを利用して複数業者を比較することが最善ですが、3日以内などの急な場合では業者側も対応が難しくなります。利用する業者を絞って、窓口や電話で直接相談しましょう。
その際には、搬出・搬入だけでなく荷造りもまかせられる「おまかせプラン」での引越しがおすすめです。不用品の回収もまとめて依頼できる引越し業者に依頼できると、大幅に引越しの準備時間を短縮できます。不用品の種類やエリアによっては、対応していない場合もあるので、見積り時に確認しておくと安心です。

とにかく急いで転居しなければならない時の裏ワザ

ウィークリーマンション、マンスリーマンションの活用

事情によっては、とにかく迅速に引越ししなければいけないことがあります。
そのような時に活用できるのが、週単位、月単位で契約できるウィークリーマンションやマンスリーマンションです。
これらのマンションは、審査が必要なく入居できるので、仮住まいをしながらじっくりと新居を契約することができます。
家具・家電は備え付けであることが多いので、旧居を解約済みの場合は、トランクルームを契約して、入りきらない荷物を預けるといった手段が使えます。他にも、一部の引越し業者は荷物の一時預かりサービスを用意しているので、引越し先が決まるまで預けてしまうこともできるでしょう。

転出届・転入届、郵便局での転送届

原則として退去前に転出届を自治体へ提出し、転出証明書をもらう必要がありますが、状況によって、転出届を提出する前に引越しをしてしまうケースが考えられます。その場合は、旧居の地域を管轄する市役所に問い合わせて、指示に従うようにしましょう。郵送での手続きを案内される場合もあります。
また、手続きの際に、個人番号カードまたは住民基本台帳カードが必要になる市町区村もあるので、必要な書類はあらかじめ確認しておきましょう。原則14日以内に転入届を提出すれば問題ありません。

一方で、郵便局に転送届を提出すると、届出日から1年間は郵便物の転送サービスを受けられます。
こちらは特に日付の制限はありませんし、スマートフォンからでも可能なので、旧居の解約日までに手続きしておきましょう。

業界初!確定料金が分かって即申込できます!
最短3分で引越しの確定料金を表示!
面倒なやり取りや電話は一切ナシ!
予約までネットで完了!!
面倒なやり取りや電話は一切ナシ!
予約までネットで完了!!
こんな人は、ぜひ料金照会をしてください!
・様々な業者との見積のやり取りが面倒
・忙しくて引越し業者を選定している時間がない

役に立ったらシェアをお願いします!

この記事が気に入ったら、
いいね!をお願いします

関連記事

一人暮らしの引越しにおすすめの単身パックとは?サービス内容やメリット・デメリ...

2019.07.25

単身パックとは、滑車付きの専用ボックス(コンテナボックス)に家財道具を積み込んで、引越し先まで配達するサービスのことです。引越し会社ごとにサービス...

引っ越し業者の選び方とは?家族構成や移動距離別のポイントもご紹介

2019.07.25

引っ越し業者を選定するにあたって、まずは複数の業者へ見積もりの依頼をしましょう。見積もりを依頼すると、各業者から金額の連絡メールまたは電話が届きま...

引っ越しは何日前に業者に依頼するのがベター?

2019.06.13

引っ越しをする場合は、複数の引っ越し業者に見積りを取って、より条件の良い業者を見つけることがおすすめです。そのため、連絡や応対、見積りが揃ってから...

IKEAの家具は引越し業者に拒否されるかも!?注意点と対処方法をご紹介

2019.05.23

IKEAといえば、ニトリや無印良品、カインズなどと並ぶお手頃価格の家具メーカーとして、日本でも人気です。
安価でデザインも評価されていることから、...

引越しするための最短日数とは?今すぐ引越したい時に必要なポイントを解説

2019.05.23

引越しをする場合、できるだけ余裕を持って事前に準備を整えるのが理想です。
しかし、急な転勤や進学など、さまざまな事情から今すぐに引越したいとい...

単身パックって本当にお得?単身パックを使った引越しが合うのはどんな人?

2018.08.24

「単身パック」は1989年に開発された、業界で初めてコンテナボックスを利用した単身者向けの引越しサービスです。 現在では、複数の引越会社がコンテナボッ...

Copyright (c) ラクニコス All Rights Reserved.
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら 料金照会スタート