1K/1LDKの単身引越しならオンライン完結のラクニコス
0120-72-7979
SPメニュー
1K・1LDK単身引越し専門ラクニコス Powered by アップル引越センター
1K・1LDK単身引越し専門のラクニコス引越し情報コラムトップ1K・1LDKの引越しで揃えるアイテム・インテリア

失敗から学ぶ!1人暮らしのお部屋サイズアップ時に知っておきたい家具購入のポイント

2017.08.13

Facebookでシェア
Twitterでシェア

このページの目次

賢い家具購入のポイントとは?

引越し前の買い揃えはおすすめしません

引越しする前や、引越しと同時に家具をそろえると、実際に部屋においてみてイメージと違ったということがよくあります。
生活をしながら部屋の広さについて感覚をつかむこと、新しい部屋でのライフスタイルが定着したところで必要なものを買いそろえていくほうが、失敗は少なくて済みます。
また、部屋が広くなるからとついつい大きな家具を買ってしまうと、収納力はアップし部屋はスッキリするかもしれませんが、配置する場所も同時に決まってしまい模様替えをするのが難しくなります。
このページでは、部屋のサイズアップに合わせた、賢い家具購入のポイントをご紹介します。

お部屋のサイズアップをする際に気を付けておきたいポイント

アプリなどを使って正確に測りましょう

買い過ぎ、大き過ぎ、部屋の目測誤りなど、間取りしか見ていないと、どうしても平面からのみ得られる情報となり限りがあるので、実際に部屋に家具を設置したら、狭くなることの方が多いです。
家具を立体でイメージしておかないと、生活空間を家具に奪われることに。

しっかりと測らずに購入してしまうのは本当に危険です。数ミリの違いでも、思う場所に配置できず、部屋が狭くなってしまうことになりかねません。
測らずして物を買うな!
これが鉄則です。

立体でイメージするのに便利なアプリもありますので、活用するといいでしょう。
・ARアプリ「ARAPPLI

インテリア試着とおしゃれな呼び方もされていて、試してみる価値ありですよ。立体で実 際に可視化できるので、とてもイメージしやすいですね。

部屋に収納がないとわかると、家具を買わないと収納できないと思い込んでしまって、引越しより先に家具を買ってしまう方がいますが、そんな時にまずすべきことは、物を見直すことです。持つと決めた物の量を把握してから家具購入を考えましょう。先に買ってしまうと、後で、中に入れるモノはないのに家具だけがある、といったことになりかねません。
住みながら、どんな家具がいいのか、ライフスタイルに合わせて考えていくといいでしょう。照明器具を購入する際には、壁にスイッチがあるかの確認が必要です。IKEAの照明は、リモコンもスイッチもないタイプの商品もあります。

専門家が選ぶ、サイズアップに対応している便利な家具4パターン

機能性重視もビジュアル重視も

1.機能性を重視した、無印良品のスタッキングシェルフなどがおすすめ
<スタッキングシェルフ(無印良品)>
詳細はこちら(外部サイト:無印良品)
<シェルフユニット(IKEA)>
詳細はこちら(外部サイト:IKEA)
システムシェルフのように、また、ディスプレイのように飾る収納もでき、ファイルボックスや収納ボックスを棚に並べて隠す収納、どちらにも対応でき、部屋の間仕切りにも活用できるもので、部屋の模様替えの時でも活用の幅があります。
収納が少ない場合は、複合的に収納する方法を考えるといいでしょう。
一般的には使うところ、場所に使う物を収納することが、動線も短くアクションも少なくていいのですが、1人暮らしだと、空間が限られていますので、複合的な収納にしてしまうのも1つの方法です。

2.無印良品のオーク材家具のような、ロータイプのデザイン違いの商品をいくつか並べて、食器や本類、衣類と収納し、棚の上にはTVや飾り物などを置くといいでしょう
<収納家具(無印良品)>
詳細はこちら(外部サイト:無印良品)

3.いいものを長く使いたい本物志向のデザインと使い勝手の良さを求める方は、ボーコンセプトやカッシーナのようなブランドもいかがでしょうか。家に帰ってホッとする空間の演出をしてくれることでしょう
<BoConsept>
詳細はこちら(外部サイト:BoConsept)
また、国産家具メーカーカリモクの棚は、お部屋のスペースや目的に合わせて、自分仕様に作ることができ、修理やメンテナンスをしてくれるので、いいものを長く使いたい人に向いているメーカーかもしれません。
<セルタス(カリモク)>
詳細はこちら(外部サイト:カリモク)

4.見えないところや、ちょっとした場所には、手軽な家具でもいいでしょう。ニトリのカラーボックスは、A4に対応していて、棚板のピッチが自由に変えられて、落ちにくい構造になっているので、使いやすいでしょう
<カラーボックス(ニトリ)>
詳細はこちら(外部サイト:ニトリ)
クローゼットや押入れの収納には、フィッツの収納ケースは定番品です。サイズ違いで並べたり、買い足したりができるのも嬉しいものです。
カーテンは見える面が大きいので、部屋の印象を決める大きなポイントですので、カーテ ン選びは慎重に行う必要があります。レースのカーテンは普通のタイプにして、カーテン はシェードカーテンにするのもおしゃれ度がアップしますね。
<収納ボックス(TENMA フィッツワールド)>
詳細はこちら(外部サイト:TENMA フィッツワールド)

まとめ

引越し前や引越し後すぐにすべてをそろえないこと

その部屋でどんな過ごし方をし、どんな暮らしを送りたいのかによって、家具選びも大きく変わります。
まず念頭に置いてほしいことは、引越し前や引越し後すぐにすべてをそろえないこと。
最低限必要なものを用意しておいて、あとは、生活をしながら吟味していくことが賢い家具選びにつながり、失敗も少なくて済む方法です。また、引越しのタイミングで自分の持ち物を見直してみてください。今は便利な家具も増えていますので、上手く活用することで快適な1人暮らしに近づくことができます。

役に立ったらシェアをお願いします!

この記事が気に入ったら、
いいね!をお願いします

関連記事

失敗から学ぶ!1人暮らしのお部屋サイズアップ時に知っておきたい家具購入のポイント

2017.08.13

引越しする前や、引越しと同時に家具をそろえると、実際に部屋においてみてイメージと違ったということがよくあります。
生活をしながら部屋の広さにつ...

【1K・1LDK】狭い!収納がない!1人暮らしの収納対策法

2017.08.13

引越しは持っている物を見直すいい機会です。これからの新居での暮らしに本当に必要な物かどうか、なぜ持っているのか、持っていたいのか、手放すと決めたら...

【1K・1LDK】1人暮らしでもやっぱりソファーを置きたい!単身者の賢いソファー暮らし

2017.08.13

ソファーは場所を取りますので、一人暮らしの部屋に置けるかどうか、スペース的にはギリギリです。部屋の広さに対して、家具の占有率は3分の1までに抑えると...

【1K・1LDK】ぴったりなテレビの大きさと部屋を広く使えるレイアウト

2017.08.13

引越しのときに悩むのがテレビのサイズ。
大きいテレビには憧れるものですが、そんなに部屋は広くなく、どれくらいのサイズが丁度良いのかがよくわかり...

【1K・1LDK】1人暮らしでお部屋のサイズアップを検討している方必見!賢いインテリ...

2017.08.13

国土交通省が発表している、「住生活基本計画における住居面積水準」に記載されているデータによると、単身者が健康で文化的な住生活を送るために必要不可欠...

Copyright (c) ラクニコス All Rights Reserved.
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら料金照会スタート