1K/1LDKの単身引越しならオンライン完結のラクニコス
0120-72-7979
SPメニュー
1K・1LDK単身引越し専門ラクニコス Powered by アップル引越センター
1K・1LDK単身引越し専門のラクニコス引越し情報コラムトップ1K・1LDKの引越しで揃えるアイテム・インテリア

【1K・1LDK】1人暮らしでもやっぱりソファーを置きたい!単身者の賢いソファー暮らし

2017.08.13

Facebookでシェア
Twitterでシェア

このページの目次

インテリアにこだわるのならソファーは必須アイテム

まずはソファーが必要かどうかの見極めを

ソファーは場所を取りますので、一人暮らしの部屋に置けるかどうか、スペース的にはギリギリです。部屋の広さに対して、家具の占有率は3分の1までに抑えると圧迫感もなく過ごすことができます。
ソファーを選ぶときは、部屋の広さにあったサイズの選び方、ライフスタイルに合わせた選び方をするといいでしょう。
通販も便利ではありますが、必ず座り心地を確かめてから購入することをおすすめします。

それでも、ソファーが必要だと思う人の理由としては、部屋のインテリア性アップ、くつろげる空間・落ち着ける場所の確保などが挙げられるのではないでしょうか。
一方、ソファーは「物置化」されることもしばしばです。脱ぎっぱなしの洋服や雑誌などをソファーの上に置いたままにしがちです。
ソファーで過ごす時間がそれなりにあること、整理整頓ができることがクリアできれば、限られたスペースでもソファーを置くメリットはあります。

1人暮らしでソファーを選ぶ際のポイント

ベッドサイズを工夫してソファーを置くスペースを確保

女性の場合、ソファーを置く分、ベッドを脚付きマットレスのように小さいサイズ(長さ180cm、幅80?100cm程度)にしてスペースを確保する工夫ができます。
標準サイズは、ベッドマットが195cmなので、ベッドフレームを入れると、2m超えてしまいます。小さいサイズのマットでフレームなしにすると、20cmくらい部屋を広く使えることになります。

男性の場合は、ベッドを小さいものに変更することが難しいので、ビーズクッションや、1人掛け、座椅子などを検討してみるのも手かもしれません。収納付きソファーにするのもおすすめです。クローゼットの扉が引き戸型や、廊下にクローゼットがあると、部屋の有効スペースが広くなります。ソファーを起きたい場合は、物件を選ぶ時に併せて検討してみてください。

8畳以上のリビングだと、2.5人掛けのソファーが配置できます。10畳以上になると、3人掛け、12畳以上では、カウチタイプの3人掛けを配置しても広さも十分確保できます。

平均的なソファーのサイズは、以下の通りです。
・1人掛け幅80から90cm、奥行80cm
・2人掛け幅160から180cm、奥行80cm
・3人掛け幅210から240cm・奥行80cm
大きな家具は部屋全体の6分の1から8分の1のサイズを目安に選ぶといいでしょう。

プロがレクチャー!部屋を狭く見せないためのポイント

色や床の見せ方でグッと広さを感じられるように

面積が広いソファーも薄めの色にすると部屋を広く見せることができます。
また、床を多く見せることも、広く感じるポイントですので、ソファーは脚付きにして、下の床が見える工夫をするのもいいですね。その場合、あえてラグを置かないでみましょう。ラグを置く場合には、床と同系色にするといいでしょう。間接照明を使ったり、鏡を置くのも部屋を広く見せたりするのに一役買います。

ロータイプの家具を、奥行を揃えて壁の一辺に並べるように配置するとすっきりとします。入り口側から順に、高さのある家具から奥に向かって配置すると、部屋に奥行きが出て、広く感じさせることができます。また、家具を置いていないスペースをまとめることも、広さを演出する方法の1つです。

1人暮らしにおすすめなソファー5選

ライフスタイルに合わせたソファータイプを選びましょう

ソファー選びは、ライフスタイルに合わせて検討することが重要です。

・横になってゴロンと過ごす方:ローアーム・アームレス・カウチタイプ
→奥行が深めだと、枕代わりにできて、ゆったりと寝ころべます。

・読書やテレビを見てゆっくり過ごす方:ハイバック・オットマンのセット
→首にも負担がなく、オットマンに足をのせておくと長時間座っていても足に負担がか かりません

・来客が多い方:座高高め・奥行が深いもの
→お客様にゆったりと座っていただけます

・床に近い生活をしたい方:ロータイプ・座面深め →ソファーを背もたれにして床に座ってくつろぐことができます

・埃やアレルギーが気になる方:革製や合皮の物 →埃やダニが付着しにくいため、アトピーやアレルギー対策になります。
参考記事:【1人暮らし・お部屋のサイズ別】1K・1LDKにぴったりなテレビの大きさと部屋を広く使えるレイアウト

ソファーベッドも検討してみよう!

ソファーもベッドも置きたい、でも部屋を広く使いたい人はソファーベッドがおすすめです。
折り畳み式ソファーベッドや、収納付きのソファーベッドを選べば、さらに部屋を広く使えるでしょう。出費も抑えることができます。ソファーベッドの注意点としては、布団の収納場所が必要になることです。
また、機能面では、座り心地と寝心地の両方を兼ね備えたソファーベッドというのは、ないように思います。できる限り満足度を上げるためには、前後に折りたためるタイプでインテリア性も高いものや収納も付いたタイプを選択するのが良いでしょう。

まとめ

自分らしいソファ選びを

部屋の広さに対して、家具の占有率は3分の1までに抑えると圧迫感もなく過ごすことができます。
ソファーを選ぶときは、部屋の広さにあったサイズの選び方、ライフスタイルに合わせた選び方をするといいでしょう。
通販も便利ではありますが、必ず座り心地を確かめてから購入することをおすすめします。

業界初!確定料金が分かって即申込できます!
確定料金の表示までは、入力から15分
だから予約完了までの時間を
短縮できる!
だから予約完了までの時間を
短縮できる!
こんな人は、ぜひ料金照会をしてください!
・様々な業者との見積のやり取りが面倒
・忙しくて引越し業者を選定している時間がない

役に立ったらシェアをお願いします!

この記事が気に入ったら、
いいね!をお願いします

関連記事

失敗から学ぶ!1人暮らしのお部屋サイズアップ時に知っておきたい家具購入のポイント

2017.08.13

引越しする前や、引越しと同時に家具をそろえると、実際に部屋においてみてイメージと違ったということがよくあります。
生活をしながら部屋の広さにつ...

【1K・1LDK】狭い!収納がない!1人暮らしの収納対策法

2017.08.13

引越しは持っている物を見直すいい機会です。これからの新居での暮らしに本当に必要な物かどうか、なぜ持っているのか、持っていたいのか、手放すと決めたら...

【1K・1LDK】1人暮らしでもやっぱりソファーを置きたい!単身者の賢いソファー暮らし

2017.08.13

ソファーは場所を取りますので、一人暮らしの部屋に置けるかどうか、スペース的にはギリギリです。部屋の広さに対して、家具の占有率は3分の1までに抑えると...

【1K・1LDK】ぴったりなテレビの大きさと部屋を広く使えるレイアウト

2017.08.13

引越しのときに悩むのがテレビのサイズ。
大きいテレビには憧れるものですが、そんなに部屋は広くなく、どれくらいのサイズが丁度良いのかがよくわかり...

【1K・1LDK】1人暮らしでお部屋のサイズアップを検討している方必見!賢いインテリ...

2017.08.13

国土交通省が発表している、「住生活基本計画における住居面積水準」に記載されているデータによると、単身者が健康で文化的な住生活を送るために必要不可欠...

Copyright (c) ラクニコス All Rights Reserved.
ページの先頭へ
料金照会スタートお問い合わせはこちら 料金照会スタート